大切な永久歯が抜けてしまったり、入れ歯がガタついてご飯が食べられなかったり等、歯がなくなることによって困ることが多くあります。
残念ながら永久歯は1度抜けてしまうと、二度と生えてきません。
しかし現在は、「第2の永久歯」と呼ばれる“インプラント”という治療法があります。
インプラントとは、失ってしまった歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで歯を作る画期的な治療法です。従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことができ、噛み合わせも回復できます。
金属の止め具などに違和感があり、見た目も良くありません。
かたいものが安心して食べられません。
止め具などを使わないため、口の中に違和感がありません。
しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。
大切な永久歯が抜けてしまったり、入れ歯がガタついてご飯が食べられなかったり等、歯がなくなることによって困ることが多くあります。
残念ながら永久歯は1度抜けてしまうと、二度と生えてきません。
しかし現在は、「第2の永久歯」と呼ばれる“インプラント”という治療法があります。
インプラントとは、失ってしまった歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込んで歯を作る画期的な治療法です。従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことができ、噛み合わせも回復できます。
金属の止め具などに違和感があり、見た目も良くありません。
かたいものが安心して食べられません。
止め具などを使わないため、口の中に違和感がありません。
しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになる。
ブリッジなどと異なり隣の歯を削る必要がない。
見た目が自然で美しい。
耐久性に優れ、半永久的に使える(定期メンテナンスが必要)
味覚が低下せず固いものも噛めるため、食事を楽しめる。
口の中の不快感がない。
インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要。
全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
保険外診療となり、手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が変わってくる。
天然の健康な歯が硬い食べ物でも思いっきり噛めるのは、歯の土台が強固だからです。歯がぐらぐらしている状態では噛む力が弱まるのは、容易に想像できることでしょう。
入れ歯やブリッジで噛む力が衰えるのも同じ理由からです。
入れ歯やブリッジによって回復できる機能は歯冠(歯肉から上に出ている部分)だけです。歯根(歯肉の中で骨に埋まっている部分)の機能を取り戻す治療ではないので、依然として歯の土台は脆弱なままです。
とりわけ総入れ歯の場合は、深刻です。
天然歯であれば、通常1本の奥歯の噛む力は最大約60~80Kgと言われています。しかし総入れ歯の場合、いくら有能な歯科技工士がつくった入れ歯でさえ、最大2Kgで噛み締めることができれば十分だとされています。
つまり、総入れ歯では硬いものは、ほとんど噛むことができないのです。

時々、ムリを承知で強引に力を入れて噛もうとするとされる方がいますが、これは効果がないばかりか、とても危険です。歯肉の損傷を引き起こすほか、次第に痛みも激しくなります。
ましてや歯肉に深い傷ができ、慢性の刺激が加えられると、癌化する可能性もあるのです。
その点、入れ歯などとは違い、人工歯根を骨に埋め込むインプラント治療は、歯の根っこの部分まで治療するために、天然歯と同じようにしっかりと噛むことができるわけです。もちろん、歯肉の損傷の危険性もありません。
STEP01
調査・診断・治療計画
インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。 治療可能な場合は、患者さんとの相談しながら治療計画を立てます。
STEP02
インプラント埋入手術
歯の根に相当する部分(インプラント)をあごの骨に埋入する手術を行います。 痛みなく、軽く寝ている間に終わりますので、体に負担がかかりません。
STEP03
治療期間
このあと、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治療期間を設けます。(3~4ヶ月)
STEP04
アパットメントの連結
インプラントに歯の土台にあたるアパットメントを連結します。
STEP05
補綴物の装着
インプラントを含めたお口の中全体の型をとります。 その方に従い、金属もしくはセラミックのかぶせ物(補綴物)をつくり、装着して完成します。
STEP06
メンテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと病院でのクリーニングが必要です。必ず定期健診を受けてください。